将棋大図書館

将棋を学べ、ゆったりできる。そんなブログを皆さまにお届けしたい。

相掛かり

相掛かり▲3七桂戦法の定跡

相掛かり▲3七桂戦法はその名の通り、桂馬を使い速攻で攻めていくのが狙い。 後手は警戒して駒組みしないと速攻で潰されるので注意が必要。

相掛かり▲3七銀戦法の定跡

中原流相掛かりとも呼ばれています。相掛かり▲3七銀戦法は浮き飛車の中で、もっとも攻撃的な戦法で激しい攻め合いの将棋になりやすいです。

相掛かり棒銀の定跡

棒銀は破壊力抜群で将棋のもっとも基本的な攻め方です。また相掛かりと棒銀の相性もよく、初心者が初めに覚える戦法としておすすめです。

相掛かりの定跡まとめ

相掛かりは居飛車の戦法で、定跡がほかの戦型ほど整備されておらず、力戦派の棋士に多く好まれており、愛好者は多い。相掛かりは大きく分けて先手が▲2六飛と引く浮き飛車型と▲2八飛車と深く引く、引き飛車型がある。