将棋大図書館

将棋を学べ、ゆったりできる。そんなブログを皆さまにお届けしたい。

ノーマル三間飛車の定跡まとめ

ノーマル三間飛車と一口に言ってもその派生型はどれも独特でかなり面白いものも沢山あるのです。一度ハマると虜になる、そんなロマン溢れる世界です。早速見ていこう。

振り飛車の戦法一覧に戻る

急戦

一般的に三間飛車は急戦に対して強いと言われる。(角頭などを攻めてくる棒銀などに対してすでに三筋に備えているため)また一手の違いで仕掛けが成立したりするので先手番なのか、後手番なのかは初段以上を目指すなら意識した方がいい。

三間飛車を指していると9割ぐらいは相手が穴熊なので勉強しなくてもいい気がするが、たまに急戦マニアに当たってなす術なくやられることもある。(私がそうです

なのでこういう戦法もあるんだなぁぐらいに軽く目を通して置くと助かるかもしれない。

棒銀

f:id:ShogiLounge:20171211090653p:plain

この図でもし後手が四間飛車なら△3二飛と寄る必要があるが、それがない。その一手を好きな手に回せるということ。急戦ではこれが大きくこの一手をどこに使うのかを定跡を見ながら最善の一手を紹介したい。

斜め棒銀

f:id:ShogiLounge:20171211103949p:plain

4六銀左戦法ともいう。こちらも棒銀同様、三筋に備えているのでやはり三間飛車側に有利な変化が多い。ただ定跡があまり進んでおらず、未解決な部分が多い。

超急戦

f:id:ShogiLounge:20171211104923p:plain

この急戦をやってくるのは相当の急戦マニアか三間飛車党が居飛車を持っているかのどちらかだと感じる。

研究会の三間党に三間飛車をぶつけたところ、この超急戦を指され対応の仕方が分からず負けたのを覚えている。

4五歩早仕掛け

f:id:ShogiLounge:20180210142938p:plain

4五歩早仕掛けはこの局面から仕掛けて速攻を目指す指し方。具体的に▲4五歩~5五歩と仕掛けていく。

▲4五歩早仕掛けの定跡

3七桂早仕掛け

f:id:ShogiLounge:20171211105512p:plain

三間飛車に対する急戦といえばこれ、急戦の中でもかなり難解だが、三間飛車をさすなら絶対覚えておきたい。

▲3七桂早仕掛けの定跡

3五歩早仕掛け

f:id:ShogiLounge:20171211110613p:plain

三筋に備えているからと△3五同歩と取ると悪くなる。正着は4三銀と上がる手、ここからの変化は斜め棒銀と合流することが多い。

▲3五歩早仕掛けの定跡を見る

三歩突き捨て

f:id:ShogiLounge:20171211111415p:plain

先手三間飛車に対して4五歩早仕掛けがあまり有効ではないので、後手で急戦がしたい場合に三間飛車に有効な仕掛け。

2六飛、4六銀型

f:id:ShogiLounge:20171211111807p:plain

あまり知られていないが振り飛車全般に対して有効な指し方、ここから▲3五歩から仕掛けていくが定跡はあまり整備されておらず、力戦党が使ってくるイメージがある。

鳥刺し(嬉野流)

f:id:ShogiLounge:20171211133957p:plain

角道を開けずに振り飛車側の捌きを抑え込む戦法、三間飛車側にさまざな指し方があるが、三間側も金銀を盛り上げて手厚く反発する指し方が指しやすいので紹介したい。

対右四間飛車

f:id:ShogiLounge:20171211140413p:plain

基本的に三間飛車が苦労することは何もなく、右四間の攻めをいなしやすい。

待機策(急戦の陣形で千日手を狙う

f:id:ShogiLounge:20171211134157p:plain

4五歩早仕掛けから仕掛けずにこの形に居飛車が変化した時の指し方を紹介したい。

振り飛車は高美濃の手厚い陣形に組めているので9筋の左端を攻めつつ玉頭を絡めて食いついていく将棋になる。

 

 

 

持久戦

持久戦では左銀を5七に持っていくか、4七に持っていくかで指し方が全く変わる。特に対穴熊では自由度が高く様々な対策があります。

 

真部流

f:id:ShogiLounge:20171211134425p:plain

真部一男九段が愛用していた形、ここから▲5五歩から中央制圧、と金作りを目指す。

基本的に三間飛車は玉が薄いので丁寧に受ける技術が必要。

コーヤン流三間飛車

f:id:ShogiLounge:20171211134713p:plain

玉は▲3九で2八には入らない(端攻めの反動軽減)ここからコーヤン流の手順だけを示すと、▲2五桂、▲1三桂成で角が相手玉をにらんでおり、取り方が難しく三間飛車優勢になる。なので居飛車も悠長に金を寄せたりしていると桂馬が飛んでくるのでここから居飛車は攻めていくことになる。

コーヤン流三間飛車の定跡

トマホーク

f:id:ShogiLounge:20171211135030p:plain

アマ強豪のタップダイス氏が開発した指し方で本も出している。単純に穴熊に組んでいると術中にはまる。玉が薄いので丁寧な指し方が必要。

 何年か前にYoutubeにタップダイス氏がトマホークの定跡を掲載していた時、たまたまそれを視聴してこんな指し方があるのかと衝撃を受けたのを覚えている。

それから自分でも研究するようになった、個人的にはかなり優秀な指し方だと感じる。

三間飛車藤井システム

f:id:ShogiLounge:20171211135212p:plain

四間飛車の藤井システムの飛車が一つずれた形で急戦に対して強い。久保九段が指し初めた形で最近では佐藤和俊六段がNHK杯で多用し、準優勝を果たした。

永瀬流端桂

f:id:ShogiLounge:20171211135455p:plain

永瀬拓矢七段が四段の頃に得意にしていた穴熊対策。ここから△2五桂と歩を取りながら桂馬を跳ね捌きを狙う。

三間飛車穴熊

f:id:ShogiLounge:20171211135629p:plain

居飛車に堅さ負けしないように三間飛車も穴熊に組む指し方。堅さは同じだが、主導権は居飛車側にあるので上手く主張を作り動く必要がある(石田流に組み替えるなど)

対振り居角左美濃

f:id:ShogiLounge:20171211140236p:plain

矢倉に対する戦法だが実践で結構指してくる割合が多い気がするので載せました。

▲4五歩には△4二飛と回り受かる。また5三銀型の好形で居飛車も容易に仕掛けられない。

 

 石田流系

石田流のカテゴリに入れるべきか迷ったが当ブログでは、角道を止めて、後から石田流に組み替えるタイプはノーマル三間飛車に分類する。

石田流組み換え

f:id:ShogiLounge:20171211140951p:plain

穴熊に組むのを見て石田流に組み替える。捌いて攻め合いというより居飛車側の攻め手を潰していき受ける指し方のため受け将棋の人におすすめだ。

楠本式石田流 

f:id:ShogiLounge:20171211141340p:plain

角を転換し、成りを狙い自陣に引きつけ穴熊かそれ以上の堅さを目指す。

 カナケンシステム

f:id:ShogiLounge:20171211141502p:plain

穴熊囲いに対して、美濃に囲い速攻を目指す指し方。ここから▲7四歩~6五銀と攻めていく。

振り飛車の戦法一覧に戻る

館長コメント

個人的に三間飛車はお気に入りでよく研究会の三間党の人にお願いし手ほどきを受ける。たぶんここにある戦法は彼との実践で指したか、教えてもらったものがほとんどだと思う。マイナーな戦法のイメージがあるがアマでの人気はかなり高い。