将棋大図書館

将棋を学べ、ゆったりできる。そんなブログを皆さまにお届けしたい。

ゴキゲン中飛車の定跡まとめ

ゴキゲン中飛車は近藤正和五段が開発した戦法で振り飛車の後手番戦法でエースの戦法です。2004年には升田幸三賞を受賞した優秀で画期的な戦法です。

振り飛車の戦法一覧に戻る

急戦

ゴキゲン中飛車に対してさまざまな急戦が指されており、最近では超速3七銀をよく見る。

速攻▲2四歩

f:id:ShogiLounge:20171212143915p:plain

基本的に角が向かい合った状態での飛車先の交換は居飛車失敗である場合がほとんどだ。この形も基本的に後手が有利になる。

▲5八金右超急戦

f:id:ShogiLounge:20171212151103p:plain

横歩取りのような非常に激しい将棋になる変化が多く、研究量の差が大きい。

また、何年もどちらが有利か結論が出ておらず、根強い人気がある。

森下流二枚銀

f:id:ShogiLounge:20171212151822p:plain

二枚の銀でゴキゲン中飛車の捌きを抑え込む指し方。居飛車の陣形は薄く、急戦における典型的な美濃囲いの堅さに泣くパターンが多い。

超速▲3七銀

f:id:ShogiLounge:20171212152247p:plain

星野良生三段(当時)が考案、升田幸三賞を受賞しました。

現在、ゴキゲン中飛車に対して最も採用率の高い指し方です。後手に五筋の位を取らせ、その間に最速で右銀を繰り出していく指し方。

持久戦

振り飛車に対して居飛車も玉を固く囲う将棋で、一直線穴熊などアマチュアでも人気が高い。

丸山ワクチン

f:id:ShogiLounge:20171212144718p:plain

丸山九段が指しはじめた戦法で序盤早々、居飛車から角交換、持久戦を目指す指し方。

一直線穴熊

f:id:ShogiLounge:20171212145216p:plain

居飛車が穴熊に一直線に潜りに行く指し方。ゴキゲン中飛車側は美濃囲いで攻める展開もあるが玉が薄くなりやすいのでゴキゲン中飛車側も穴熊に組みに行く将棋が多いです。

 振り飛車の戦法一覧に戻る

館長コメント

ゴキゲン中飛車に対して様々な対策があるがどれも互角に戦うことができると感じる。

最近では中飛車に対して角道を開けずに銀を繰り出してくる指し方なども出てきており、動向に注目したい。