将棋大図書館

将棋を学べ、ゆったりできる。そんなブログを皆さまにお届けしたい。

書評「なんでも棒銀」

なんでも中飛車に続くシリーズ。

さまざまな形の棒銀を紹介した本。

対象者

初級者...将棋の勉強を初めて棒銀を学びたい方に

内容

第1章 単純棒銀

f:id:ShogiLounge:20190223165520p:plain

一章では主に相掛かりからの棒銀の紹介で、最もオーソドックスな棒銀と言えます。

初心者が覚える三大戦法の一つで四間飛車、中飛車そしてこの単純棒銀(原始棒銀)があります。

第2章 筋違い角棒銀

f:id:ShogiLounge:20190223165718p:plain

2章では筋違い角からの棒銀の紹介です。角は手放してしまいますが、必ず自分の土俵で戦えるというのは大きなアドバンテージです。前半は居飛車での棒銀、後半は筋違い角から振り飛車に転換、飛車先を逆襲する逆棒銀の紹介です。

第3章 振り飛車穴熊への端棒銀

f:id:ShogiLounge:20190223170426p:plain

第4章 先手三間飛車への棒銀

f:id:ShogiLounge:20190223170740p:plain

第5章 美濃囲いへの端棒銀

f:id:ShogiLounge:20190223170845p:plain

まとめ

将棋を初めて棒銀の定跡を勉強しようとしている人に読んでほしい本。

筋違い角棒銀のような変化球を扱っているものの、居飛車、振り飛車どちらが相手でも使えるように考えられており、初心者のことをよく考えられているのが分かる内容で。

1章できちんと棒銀の定跡が学べ、2~5章で1章の内容を応用し、ユニークな形の棒銀を紹介しており、改めて読み直してよく考えられると思いました。

棒銀を覚える初めの一歩にどうぞ

居飛車のおすすめ本一覧に戻る