将棋大図書館

将棋を学べ、ゆったりできる。そんなブログを皆さまにお届けしたい。

振り飛車の戦法、指し方、定跡まとめ

振り飛車の戦法をまとめたページです、定跡が知りたい方は戦法名をクリックしていただくとその戦法のページに飛べます(随時更新中

振り飛車は大きく分けて4つ飛車を振る場所があり、それぞれ大きく指し方が変わりそれぞれの特徴があります。性質も違うので自分に合うものを探していただきたい。

 

 

中飛車

中飛車、特にゴキゲン中飛車と言われる戦型は現代振り飛車のエース戦法でアマチュア、プロとはず大人気です。初心者が振り飛車を始めたいなら今一番おすすめです。

 

ゴキゲン中飛車

f:id:ShogiLounge:20171204134228p:plain

後手番の振り飛車のエースです。角道も開けたままここから5五歩と位を取ったり、自分から攻めていけるため、攻め好きの方におすすめです。

ゴキゲン中飛車の定跡まとめ

 

ノーマル中飛車

今ではマイナーな戦法になりつつある。ここから自分から攻めない、専守防衛の戦法「風車」など面白い作戦がある。ただ金銀が分裂しやすく玉の守りが薄いので現在は居飛車穴熊の猛威により衰退気味です。

ノーマル中飛車の定跡まとめ

 

四間飛車

四間飛車は振り飛車の王道です。バランスに優れており、振り飛車のカウンターとはどういったものかを学ぶのに最適です。

 

ノーマル四間飛車

f:id:ShogiLounge:20171204135707p:plain

現存する最古の将棋でもこの戦法が指されていたのは四間飛車。アマチュア人気が高く、根強い人気がある。プロでも藤井猛九段などが得意としている。

ノーマル四間飛車の定跡まとめ

 

角交換四間飛車

f:id:ShogiLounge:20171204140708p:plain

角交換四間飛車の大きな特徴として振り飛車の天敵、穴熊に組まれづらく、自分は堅陣の美濃囲いに組めるということ。また角交換をして飛車を振れば自分の土俵に無理やり引きずりこむことも出来る。

角交換四間飛車の定跡まとめ

三間飛車

石田流三間飛車の早石田と呼ばれる三間飛車の戦型が一時期プロの間で勝率7割まであったことがあった。破壊力抜群で攻め好き御用達の戦法。

 

石田流三間飛車

f:id:ShogiLounge:20171204142327p:plain

上の図が石田流です。ここから▲7四歩と猛攻を仕掛ける新石田流、▲4八玉から玉を囲いに行く升田式石田流など柔軟な指し方が可能。プロでも第一線で活躍するエース戦法。

石田流三間飛車の定跡まとめ

 

ノーマル三間飛車

f:id:ShogiLounge:20171204142715p:plain

プロではほとんど指されないがアマチュアでは人気の戦法。穴熊対策が豊富で相手が知らない変化に持ち込みやすい。

 ノーマル三間飛車の定跡まとめ

向かい飛車

f:id:ShogiLounge:20171204143033p:plain

相手が8五歩と伸ばしてくれないと争点ができないので伸ばしてくれないときはほかの振り飛車を使おう。いつでも仕掛けることが出来るので居飛穴熊を牽制出来る。向かい飛車はメインで使うというより他の振り飛車のサブとして覚えておきたい。

向かい飛車の定跡まとめ

相振り飛車

お互いが飛車を振り合う将棋で苦手にしている人が多い(私もそうです

相居飛車のような縦の将棋なので定跡を学んでその感覚を身に着けよう。

 

向かい飛車対三間飛車

f:id:ShogiLounge:20171207112606p:plain

先手で飛車を振ろうと角道を閉じて相手も相手も振り飛車党だとこの形が一番多い。なので相振り飛車の勉強をするならまずこの形からがおすすめ。基本的に先手の受け、後手の攻めになりやすい(角道の空いている後手に主導権がある)

 

館長コメント

以上で振り飛車の戦法を書いたが、ここから各戦法ごとに定跡を書いていきたい。時間はかなりかかると思うが、コツコツやっていきたいと思います。まずは自分が好きな戦法、面白い戦法をメインに定跡や指し方を充実させていきたいと思います。