将棋大図書館

将棋を学べ、ゆったりできる。そんなブログを皆さまにお届けしたい。

四間飛車

四間飛車対糸谷流右玉の定跡

糸谷流右玉といえば対ゴキゲン中飛車に対して使うのが有名ですが、他の振り飛車すべてに使える汎用性の高さから右玉党の中で密かな人気戦法です。

四間飛車対鳥刺し(嬉野流)の定跡

角道を開けない対振り急戦の指し方。振り飛車の角交換からの捌きを抑え込むのが狙い。基本的に対振り飛車の嬉野流の定跡は鳥刺しに合流するのでここで一緒に紹介したいと思います。

四間飛車対右四間飛車の定跡

プロ間ではあまり指されることはありませんが、その破壊力の高さと攻めの分かりやすさから、アマチュア間では人気の戦法です。

四間飛車対ポンポン桂の定跡

古典定跡にも載っておりその歴史は古い。富沢幹雄が愛用していたことから富沢キックとも呼ばれる。奇襲戦法として見られがちだが、四間飛車が対策を知らないと一気に不利になるのでしっかり定跡を確認しておきたい。

四間飛車対鷺宮定跡の定跡

急戦定跡の研究家である青野照市が創案し、タイトル戦などで米長邦雄が連採したことから広まった。名前の由来はこの二人が東京都の鷺宮というところに住んでいたことからこの名が付けられた。

四間飛車対山田定跡の定跡

急戦の基本形である▲5七銀左型は対振り急戦の代表的な戦型です。名前の由来は昭和の棋士、山田道美九段らによって定跡を確立していったことから、この名がつけられました。

四間飛車対4五歩早仕掛けの定跡

「振り飛車には角交換」の格言を地で行く戦法。居飛車対振り飛車における角交換は双方にとって重要なテーマで、居飛車が角交換を目指し、振り飛車がそれに抵抗するというのがこの▲4五歩早仕掛けです。

四間飛車対斜め棒銀の定跡

四間飛車に対する急戦の一つで、棒銀や▲4五歩早仕掛けなどと並んでオーソドックスな指し方です。山田定跡と似ていますが、まったく違う展開になるので定跡を確認しておきましょう。

四間飛車対棒銀の定跡

四間飛車対棒銀は最も基本的な急戦です。他の急戦にも応用できる手筋など豊富に含まれており、ぜひマスターしたい定跡です。

角交換四間飛車の定跡まとめ

藤井猛はこの戦法で升田幸三賞を受賞している。基本的に一手の差が大きいので美濃囲いの端を受けずに攻める手を狙うなど様々な指し方がある。基本的に先手番では積極的に動く角交換四間飛車を、後手番の時は受け身で相手の攻めを待つ指し方を普段しているの…

ノーマル四間飛車の定跡まとめ

振り飛車の中で攻守のバランスに優れている。振り飛車の王道で数々の昭和の大棋士が指してきた。居飛車穴熊の猛威で減少したが、それでも様々な工夫を凝らし現在でもプロアマとはず指され続ける人気戦法です。