将棋大図書館

将棋を学べ、ゆったりできる。そんなブログを皆さまにお届けしたい。

四間飛車対鳥刺し(嬉野流)の定跡

角道を開けない対振り急戦の指し方。振り飛車の角交換からの捌きを抑え込むのが狙い。基本的に対振り飛車の嬉野流の定跡は鳥刺しに合流するのでここで一緒に紹介したいと思います。

四間飛車の定跡一覧に戻る

鳥刺しの基本

初手から

▲6八銀 △3四歩 ▲5六歩 △4二飛

▲5七銀 △6二玉▲2六歩 △7二銀

▲2五歩 △3三角 ▲7九角 △4四歩

▲6八玉 △7一玉 ▲7八玉 △3二銀

▲4八銀上 △8二玉▲3六歩  (基本図)

基本図

f:id:ShogiLounge:20180113170316p:plain

ここは振り飛車の分岐点で△3二銀型か、△4三銀型がある。ちなみにここで△4五歩と銀を出させないようにする手は、▲3七桂と跳ねられて、次に▲4六歩から反発されて損です。

△3二銀型

f:id:ShogiLounge:20180113171920p:plain

△3二銀型で捌きを狙う。斜め棒銀の時に有効な指し方でしたが、結論からいうとこの指し方は鳥刺しの望むところで、居飛車が良くなります。

 

▲3五歩 △同 歩 ▲4六銀 △3六歩

f:id:ShogiLounge:20180113185345p:plain

斜め棒銀には有効だった△3六歩ですが、鳥刺しに対して銀を五段目に出させる手はほとんど悪手になります。


▲3五銀 △4五歩 ▲2四歩

f:id:ShogiLounge:20180113185530p:plain

振り飛車の捌きの常套手段である△4五歩ですが、角が向かい合っておらず、無視して▲2四歩が成立している。局面は居飛車大成功で鳥刺しが生きた展開です。振り飛車はこのように軽く指すのではなく、先手の攻めを手厚く受け止めていく指し方が必要なようです。

△4三銀型

f:id:ShogiLounge:20180113171940p:plain

△4三銀が本筋の指し方でここから三間飛車に振り直して受けるのが分かりやすい。

 

▲4六銀△3二飛▲3五歩

f:id:ShogiLounge:20180114110756p:plain

ここから後手に様々な対抗手段があるので一つ一つじっくり見ていきたい。また基本的に振り飛車側は無理に攻めずに受けることに専念するだけでいい。攻めてこなければ、高美濃~銀冠とどんどん玉形が良くなるので居飛車は無理にでも動いていかないといけない。

△4五歩反発型

f:id:ShogiLounge:20180114123904p:plain

△4五歩から激しく反発していく指し方。この手は振り飛車の常套手段でよく出てくる筋なので覚えておきたい。ここから居飛車は▲同銀と取るか、▲3四歩と取り込むかの二通りの指し方がある。

▲同銀

f:id:ShogiLounge:20180114124805p:plain

△4五歩に▲同銀と強く応じる。後述するが、△3五歩とする手が妙手で同角には△7七角成と素抜く順を用意している。

 

△3五歩 ▲3四歩 △4二角 ▲3五角

△3四銀▲同 銀 △同 飛 ▲5七角

△3二金(結果図)

f:id:ShogiLounge:20180114125421p:plain

結果図は振り飛車が先手の攻めの反動を利用して好形に組めており、後手が優勢。

▲同銀と取る手は振り飛車に有利に働くようだ。

▲3四歩

f:id:ShogiLounge:20180114130305p:plain

▲3四歩と攻め合いを目指す方が本筋の指し方。

激しい攻め合いになるのでじっくり見ていこう。

 

△同 銀 ▲3五歩 △4六歩▲3四歩

△5一角▲4三銀

f:id:ShogiLounge:20180114131848p:plain

振り飛車に無条件で△3四飛と走られると好形に組まれるので▲4三銀と徹底して抑え込む方針。ただ先手の▲4三銀は銀ばさみの格好で、取られる前に動いていかないといけない。

 

△3一飛 ▲4六角 △4二歩 ▲5五角

△4三歩▲1一角成(結果図)

f:id:ShogiLounge:20180114132512p:plain

結果図は香車と銀の交換だが先手は馬を作っている。形勢事態は互角ですが、実践的には馬が大きく、居飛車が勝ちやすい将棋と言えます。

△5一角型

f:id:ShogiLounge:20180114124031p:plain

△5一角と引くのが鳥刺しからの攻めを止める受けで、こうなると鳥刺しは一気に攻めていけないのでゆっくりした展開になる。

 

▲3四歩△同銀▲3五歩

f:id:ShogiLounge:20180114135401p:plain

▲3五歩と抑えて、銀を繰り出していく指し方で、準急戦とも呼ばれる。ここから左銀か右銀のどちらの銀を使っていくかで指し方が変わっていきます。

▲3七銀上

f:id:ShogiLounge:20180114135940p:plain

▲3七銀上とさらに応援を出していく指し方で。抑え込みの一貫した指し方。

 

△5二金左▲3六銀 △6四歩 ▲5八金右

△7四歩 ▲8八玉 △6三金▲7八金

(結果図)

f:id:ShogiLounge:20180114140453p:plain

後手は△5四歩と五筋の歩を突かないのが工夫。もし突いていると、▲5五歩△同歩▲同銀△5四歩▲6六銀と歩交換しながら手順に銀を組み替えられて損。結果図は手詰まり模様で後手十分。

▲3七銀引

f:id:ShogiLounge:20180114135959p:plain

▲3七銀引から組み替えるのが本筋の指し方。▲3六銀と立て直してからの▲4六歩~▲4五歩と四筋も絡めて攻めるのが狙い。振り飛車からの△3四歩の反発は▲3六銀と立って問題ない。

 

△5二金左▲3六銀 △5四歩 ▲4六歩

f:id:ShogiLounge:20180114144009p:plain

居飛車は▲3六銀の好形から▲4五歩を狙う。ここで△3四歩は▲4五歩と進み、△3五歩には▲同銀、△同歩には▲同銀△3五歩▲4四歩で収拾困難。以下は様々な指し方があるので一例を紹介したい。

 

△5三金 ▲3七桂 △9四歩▲9六歩

△7四歩 ▲5八金右(結果図)

f:id:ShogiLounge:20180114144805p:plain

居飛車が攻めの主導権を握っているが、後手の陣形も万全の態勢なので攻め切るのは容易ではない。後手は気を見て△6四歩~△6三金と高美濃に組み替えたりなど含みもある。結果図は形勢互角のいい勝負。

 四間飛車の定跡一覧に戻る

館長コメント

鳥刺しは昔から指されていましたが、定跡自体あまり整備されておらず、そこまで人気な戦法ではなかったと思います。嬉野流の登場により一気に人気になったという印象が強いですね。中々厄介な戦法だと思いますが、嬉野流には個人的に三間飛車が決定版の対策だと思います。