将棋大図書館

将棋を学べ、ゆったりできる。そんなブログを皆さまにお届けしたい。

【書評】中飛車粉砕!超速▲3七銀戦法のすべて

ゴキゲン中飛車対策の決定版。

超速▲3七銀戦法のすべてを解説。

内容と感想

第1章 超速▲3七銀に進むまで

f:id:ShogiLounge:20200224203028p:plain

  超速▲3七銀戦法に向かうまでに△5六歩と突く急戦系やゴキゲン中飛車側が変化する形などの咎め方が解説されています。△5六歩と突かれる変化で知らないものも多く、超速▲3七銀戦法を指す上で基本ともいうべき定跡だと感じました。

参考として上図から▲6八玉に対して定跡は△3三角です。しかし超速封じの△6二玉という手がありここで▲3六歩には△5六歩がゴキゲン中飛車の狙いです。本書では▲2四歩から咎める指し方を解説。

第2章 後手急戦型

f:id:ShogiLounge:20200224203447p:plain

上図から△5六歩や、上図から△3二銀▲3七銀△5六歩などの後手からの様々な急戦に対しての指し方を解説。

1章同様超速に組むまでに中飛車側が変化する手順なので指すなら絶対覚えておきたい。

第3章 後手美濃囲い型

f:id:ShogiLounge:20200224203747p:plain

ここから後手の対応によって指し方が変わります。△3二金には▲7七銀から押さえ込み、△4二銀には▲4五銀から仕掛けていきます。

一番ボリュームがあり、一番難しかったです。形の違いで仕掛けが違ったり、形勢が変化したりするのでページを戻ったりしながら細かい違いを確認しながら読みました。

第4章 後手△4四銀型

f:id:ShogiLounge:20200224204437p:plain

銀対抗の形ここから先手は穴熊の持久戦もありますが▲7八銀からの急戦を解説。

まとめ

細かい変化や形の違いからくる仕掛けの有無など読み応えがあり、大満足な内容でした。

超速▲3七銀戦法の基本と最新定跡を深くまで書かれており、繰り返し読める力作です。

ゴキゲン中飛車に対してプロで最有力の超速▲3七銀を指すなら本書は自信を持っておすすめできます。