将棋大図書館

将棋を学べ、ゆったりできる。そんなブログを皆さまにお届けしたい。

【書評】中飛車粉砕!超速▲3七銀戦法のすべて

ゴキゲン中飛車対策の決定版。

超速▲3七銀戦法のすべてを解説。

対象者

盤面図に対して枝分かれが多く、一部集中して読まないといけない箇所がありました。

そのため将棋盤で並べながらどっしり読むのがおすすめです。

対象棋力は本書に書かれている通り有段者~高段者に向けです。

内容

第1章 超速▲3七銀に進むまで

f:id:ShogiLounge:20200224203028p:plain

▲6八玉に対して定跡は△3三角です。しかし超速封じの△6二玉という手がありここで▲3六歩には△5六歩がゴキゲン中飛車の狙いです。本書では▲2四歩から咎める指し方を解説。

第2章 後手急戦型

f:id:ShogiLounge:20200224203447p:plain

上図から△5六歩や、上図から△3二銀▲3七銀△5六歩などの後手からの様々な急戦に対しての指し方を解説。

第3章 後手美濃囲い型

f:id:ShogiLounge:20200224203747p:plain

ここから後手の対応によって指し方が変わります。△3二金には▲7七銀から押さえ込み、△4二銀には▲4五銀から仕掛けていきます。

第4章 後手△4四銀型

f:id:ShogiLounge:20200224204437p:plain

ここから先手は穴熊の持久戦もありますが▲7八銀からの急戦を解説。

まとめ

いままでゴキゲン中飛車に対しては一直線穴熊などの持久戦形を指していましたが、他の振り飛車ではエルモ囲い急戦を代表とした急戦で自分から積極的に良くしていく戦法が流行っています。自分は四間飛車に対してよくエルモ囲い急戦を使用しているので、対ゴキゲン中飛車に対しても急戦の超速▲3七銀戦法に興味がありました。そんな中タイミングよく本書が出ていたので購入。

1章、2章について

  超速▲3七銀戦法に向かうまでに△5六歩と突く急戦系やゴキゲン中飛車側が変化する形などの咎め方が解説されています。△5六歩と突かれる変化で知らないものも多く、超速▲3七銀戦法を指す上で基本ともいうべき定跡だと感じました。

3章について

一番ボリュームがあり、一番難しかったです。形の違いで仕掛けが違ったり、形勢が変化したりするのでページを戻ったりしながら細かい違いを確認しながら読みました。

4章について

1章~3章に比べて△4四銀型については物足りない感じです。実践的にも△4四銀型が超速対策として人気なので少し残念です。とっておきの中飛車等のゴキゲン中飛車側の本と比較してみても、△4四銀型ゴキゲン中飛車側がいくらでも変化(美濃囲いではなく金美濃に組むなど)できる余地があり、△4四銀型に対してこの本一冊で完ぺきとは言いづらく追加で勉強する必要がありそうです。1~3章の内容が濃いだけにここだけが残念な点です。

まとめ

 4章については大筋の変化を解説した感じで、ゴキゲン中飛車側に変化されると困るかもしれません。1~3章に関しては細かい変化など形の違いなどあり読み応えがあり、これ一冊で大満足な内容でした。

超速▲3七銀戦法の基本と定跡を深くまで書かれており、繰り返し読める力作だと感じました。

居飛車のおすすめ本一覧に戻る