将棋大図書館

将棋を学べ、ゆったりできる。そんなブログを皆さまにお届けしたい。

書評「四間飛車を指しこなす本2」

四間飛車持久戦の入門書。

様々な居飛車穴熊対策が載っており、

持久戦を覚えるのに最適。

対象者

初級...振り飛車、特に四間飛車を指すなら必ず読みたい。

級位者...四間飛車党を目指すなら必ず。

段位者...知っていて当然の内容、抜けのないよう確認しておきたい。

内容

第一章 角交換挑戦型

f:id:ShogiLounge:20181113201117p:plain

居飛車穴熊▲6五歩から速攻を目指す作戦。△1二香を見てから角交換を挑むのがポイントで左美濃にシフトされないようにしている。

第二章 5六銀速攻作戦

f:id:ShogiLounge:20181113201329p:plain

こちらも△1二香を見てから▲5六銀と出て揺さ振りをかけます。玉頭方面だけでなく、▲6五歩からの攻めもあるため破壊力抜群です。

第三章 6六銀型四間飛車

f:id:ShogiLounge:20181113202205p:plain

居飛車穴熊に対して▲6六銀から攻めていく形の解説です。

第四章 4八飛戦法

f:id:ShogiLounge:20181113202713p:plain

飛車を▲4八飛と振り戻し、右四間飛車のような陣形で居飛車穴熊を狙い撃ちし、攻め潰します。

第五章 藤井システム基礎編

f:id:ShogiLounge:20181113202939p:plain

本家藤井猛による藤井システム基礎講座。藤井システムの基礎となる駒組みと狙い筋の解説です。

グッときたポイント

四間飛車を指しこなす本一巻では急戦でしたが今回は持久戦、急戦とはまた違う感覚が必要で、四間飛車が穴熊と互角に戦うにはどのような方針で指すべきか、丁寧に解説されています。

特に一巻では急戦で居飛車の攻めを待ってカウンターを狙うのが基本でしたが、持久戦では自分から積極的に攻めに転じ、主導権を握りにいく攻める振り飛車が紹介されています。

四間飛車での居飛車穴熊対策を一通り網羅しており、居飛車穴熊と戦うための入門書としてぴったりの本です。

まとめ

級位者では持久戦より急戦のほうが多い印象ですが、段位が上がるにつれてそれは逆転していき、居飛車穴熊対策は必ず必要になります。その足掛かりとしてこの本を読んでみてはいかがでしょうか。

将棋の本棚一覧に戻る